鍵のトラブルを解決

鍵師の成功は簡単ではないし、鍵のIT化が進んでいます!

2017年07月25日 15時40分

「手に職をつけること」……これは今の日本で就職する場合のキーワードになります。
日本人は手先の器用さがあります。
鍵師を目指す人達は増加傾向にあります。ですが、仕事がたくさんあるわけではありません。
 
急激に増えるとは思えませんし、現在は飽和状態・過当競争になっています。
特別に公的な資格があるわけでもありません。技術があれば誰でも働けるのです。
 
独立開業する人も多いですが、鍵師の仕事だけで生活するのはむずかしいでしょう。
利益の大部分は鍵をなくしたりしてのトラブル対応です。
顧客からの依頼ありき。自分から積極的に営業をかけないと安定してもうけることはできないです。
 
鍵の種類も多いですし、その仕組みも日進月歩です。
最近ではiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンのアプリを使って鍵を開けたり閉めたりする
「スマートロック」がでてきました。
こういったタイプの鍵の普及が進めばどうなるでしょうか?
 
物理的に施錠するシーンが少なくなります。
これまでの鍵師の経験値や技術は不要になるかもしれません。
ですが、まだまだスマートロックの普及率は低いです。
これまでの鍵がすぐになくなることはありません。
IT化が進むのは確かですから、鍵師も新しい知識や技術を身につける必要はあります。